Field Duffle

Field Duffle : Camel

Field Duffle

No: 19113
Price: ¥38,000 + tax
Col: Camel
Size: F / 50L × 26.5W × 27H / 35ℓ
Main fabric: Heavy Twill / Japan
Country of origin: Japan


この素材は、元々 資材用として「ろ過」に使われていた布ですが、その雰囲気に魅せられ、バッグ用として使用できるようにアレンジしたものです。「Heavy Twill」と名付けました。

産地は、岡山県倉敷市。
昔ながらのシャトル織機にて生産されています。この地域は「頒布」の産地としても有名ですね。TAKE & SONS は常々お世話になっているエリアです。

今回、使用している糸は「10s/3」という表記になります。これは「10番単糸の3本撚り」という意味です。極太糸ということです。
糸は1本より、2本の方が強度が出ますね。それを3本で撚るんですから、さらなる強度が生じます。また、3本撚りは糸の断面が「真円」に近付くことから独特な美しい表情を作り出します。この糸の特性がバッグそのものに現れていますね。ここが重要ポイントです。

ラギットなアイテムこそ「少しの上品さ」が必要なんです。私は、ギアとファッションの境界線がここにあると考えています。

カシメやDカンなどの金具類は真鍮製を使用していますので、経年変化により「黒ずみ」が発生します。その時、Heavy Twillと共に「味わい」を増した その姿こそが、エージングの美しさであり、Heavy Dutyの世界なのです。


私の個人的な趣味ではありますが、スポーツ時のバッグを除いて、荷物に対してジャストサイズのバッグはスタイリング上、いささか心許ないものだと思うのであります。

荷物がバッグの中で「泳ぐ」くらいがいい。

Field Duffleは、それを満たすサイズになっています。35ℓというのはDuffle Bagの適正値ではないでしょうか。このサイズは男性であれば日常使いから1泊まで使えます。

やや大ぶりなバッグにとって、問題となるのは「重さ」です。荷物を入れる以前にバッグが重かったら嫌になりますよね。その点は、当初からの懸案事項として、生地の設計に盛り込んである重要ポイントです。

持ってみてください。重さは気にならないと思います。これが「重厚感」と「使い易さ」のギリギリの位置なのではないでしょうか。

レザーは重くなる要因です。かと言って、薄くてもいけません。この選定には時間がかかりました。ご尽力いただいた皆様、本当にありがとうございました。この場を借りて、お礼を言わせていただきます。

ファスナーはジャケット類と同じく、10Gを使用しています。これもまたHeavy Dutyの象徴ディテールです。(ファスナーとドットボタンは洋服と同じものを使用しています。それ以外のパーツは真鍮製となります)

荷物を適当に詰め込み、荷台に詰め込む。目的地は勿論「Field」だ。

そんなバッグでありたい。


  • 多少の寸法の誤差、および個体差がありますが、全て検品済みで許容内での変動になります。ご了承下さい。
  • お使いのPC環境によって、色の再現性が異なる場合がございます。

コメントを残す