HunterCamo FieldDuffle

HunterCamo FieldDuffle

No: 19312
Price: ¥46,000 + tax
Col: Camo
Size: F / 50L × 26.5W × 27H / 35ℓ
Main fabric: Tree Camo / USA
Country of origin: Japan


軍用のカモフラージュが「Military Camo」と呼ばれるなら、我々 Hunter にとってのカモフラージュは、この「Tree Camo」になります。

山でのステルス性は抜群で、背景と同化することを目的とします。あとは存在を悟られないように気配を消すのみである。「Hunter Camo」と呼ばれる所以です。

「Hunter Camo」はアメリカ以外の国にも存在します。例えば日本にも。しかし「リアル」さと「迫力」はアメリカ製に遠く及ばない、、、
昨シーズンの取引開始まで、USAサイドとの交渉に1年半の歳月をかけてまで「本物」に拘る理由です。

カシメやDカンなどの金具類は真鍮製を使用していますので、経年変化により「黒ずみ」が発生します。その時、表地と共に「味わい」を増した その姿こそが、エージングの美しさであり、Heavy Dutyの世界なのです。


私の個人的な趣味ではありますが、スポーツ時のバッグを除いて、荷物に対してジャストサイズのバッグはスタイリング上、いささか心許ないものだと思うのであります。

荷物がバッグの中で「泳ぐ」くらいがいい。

HunterCamo FieldDuffleは、それを満たすサイズになっています。35ℓというのはDuffle Bagの適正値ではないでしょうか。このサイズは男性であれば日常使いから1泊まで使えます。

先のField Duffleと比較して、まず生地のゴツさが違います。

表地に使用している生地はHunterCamo AnglerJacketに使用されるものと同じです。
ただし、洋服とバッグは求められる強度が違います。そこで裏面に帆布を貼り合わせることにしました。次にレザーですが、これも同様に厚みを増しています。

ファスナーはジャケット類と同じく、10Gを使用しており、これもまたHeavy Dutyの象徴ディテールです。(ファスナーとドットボタンは洋服と同じものを使用しています。それ以外のパーツは真鍮製となります)

このゴリゴリの存在感は良いかも。

荷物を適当に詰め込み、荷台に詰め込む。目的地は勿論「Field」だ。

そんなバッグでありたい。


  • 多少の寸法の誤差、および個体差がありますが、全て検品済みで許容内での変動になります。ご了承下さい。
  • お使いのPC環境によって、色の再現性が異なる場合がございます。

コメントを残す