OPEN END TUBE TEE

理想の無地Tシャツは、インナーはもとより、1枚で着ても存在感を示せるものでありたい。と私は常々思うのであります。

衣類全般において、私はどちらかというと、硬く重たい素材を好みますが、Tシャツはシャツと同じく、もしくはもう一段階、肌に違いところで着用します。肌触りを考慮したうえで、そのことを踏まえると、適度な硬さと重さであることが求められます。

OPEN END TUBE TEEAUTHENTIC OFFICER’S KHAKI
WIDE ARM SHIRTCREW HAT

オープンエンド糸(空紡糸)を使用しています。
アメリカでは一般的にタフな Tシャツに使用されている糸です。空気圧で繊維を撚り合わせるので、繊維に多くの空気を含み、吸湿性・速乾性共に優れているといわれており、触っていただくと、ふっくらとボリュームがある一方で、シャリ感があるので、やや硬めでドライな印象です。

OPEN END TUBE TEEは、太番手のオープンエンド糸を使用しています。硬過ぎず、重過ぎず、肌触りが良いいこと。1枚で着ても存在感を示せること。そして、タフであること。これが私の理想です。

OPEN END TUBE TEERIP NOCOLLAR JACKET
RIP BELTED EASY PANTSCREW HATSACOCHE

編み機は、現存する数少ない吊り編機を使用しています。
『肌触りが良い』というのは編み機に起因している部分が大きいかと思います。

その名の通り、上から吊りながら360°編みます。故に、OPEN END TUBE TEEには脇縫い目がありません。丸胴ともいいますが、脇縫い目が無いというだけでも気心地は違ってくるんです。
編み終わった筒は下に落ちてくるので、生地にかかるテンションを少なく編むことができます。
ふっくらと柔らかな触り心地で、着用と洗濯を繰り返しても、風合いの良さが維持されるのが特徴でしょう。

ここまでするなら、衿も同様のクオリティにしたいものです。
一般的には、衿を繋ぎ合わせる縫い目(身頃に衿を付ける縫い目ではなく、棒状の衿を輪に繋ぐ縫い目)があります。左右どちらかの肩位置(サイドネックポイント)付近で縫い繋げますが、OPEN END TUBE TEEの衿は、専用に輪の状態で編み立てているので繋ぎ目はありません。

品番価格
23109¥14,300 (税抜き 13,000)
サイズ主要素材原産国
キナリ
ブラック
1、2、3綿日本

キナリ/ブラック(墨黒)

サイズ着丈肩巾袖丈バスト
1695322118
27154.523122
3735624126
単位cm

※バストは多少の数値変動があります。ご了承くださいませ。

従来のホワイトは生成りに。ブラックは墨黒に。
ナチュラルな色味は、今シーズンのカラーストーリーの中核を担っています。

実は、FISH BATIK SACK JACKETやFISH BATIK LAPEL VESTの一見色は、これら、ナチュラルな色味のインナーとコーディネイトしたときに映えるよう、トーン調整されています。従いまして、OPEN END TUBE TEEは、今シーズンのあらゆるアイテムとマッチングする最強のアイテムと呼べるのかもしれません。


  • 多少の寸法差、および個体差が発生しますが、全て検品済みで許容範囲での変動であることをご了承ください。
  • HPに掲載されている写真はサンプル時点のものです。予告なく、多少の修正が入る場合がございます。
  • お使いのモニター環境によって、色の再現性が異なる場合がございます。