HunterCamo Collection

ブランドの歴史を後の世で語らうならば、2019年春夏シーズンを忘れてはならない。

「HunterCamo Collection」のモデルイヤーでもある今シーズン、そのインパクトは当初の私の想像を遥かに超えるものとなりました。

軍用のカモフラージュが 「MilitaryCamo」と呼ばれるなら、我らハンターにとってのカモフラージュは「HunterCamo」と呼ばれるTreeCamouflageになります。

ハンティングに特化した素材をあげると、イギリスのWaxedCottonと双璧と言えるのが、アメリカのHunterCamoではないでしょうか。まさにHeavyDutyな世界です。
これを使用するにあたり、アメリカサイドとの交渉に1年半という時間をかけて、ようやく実現したわけですが、元々は2018年秋冬シーズンで考えていたんです。それが、いつまで経っても進展しない、、、これには参りました。

他の国にも、例えば日本にもこのような柄は存在しますが、私がアメリカ製に拘ったのは「本物の迫力」を求めたからです。「交渉を続けて良かった」と今、ようやく思えます。

HunterCamo AnglerJacket
T&S RealTreeCamo Samue JKT / journal standard J.S.Homestead
T&S RealTreeCamo GameVest / journal standard J.S.Homestead
T&S RealTreeCamo Eazy PT / journal standard J.S.Homestead
HunterCamo UplandShirt & HunterCamo ShootingVest

ここまで来たら「やるしかない!」というわけで、オリジナルシリーズのアイコンには実弾のカートリッジを使用することにしました。

308 Winchester

30口径クラス歩兵銃弾です。中距離狙撃弾として使用され、現在では主にHuntingに使用される世界共通のライフル弾の1つです。

これは「新品」ではありません。リアルさの追求ということで、射撃後のものを使用しています。所々に見える黒い部分が火薬の跡ですが、硝煙反応が出てはマズイので残火薬は拭き取ってありますのでご安心ください。

2019春夏展示会より。


コメントを残す