ST Wax Balmacaan Coat

ST Wax Balmacaan Coat

1枚袖のラグランスリーブ。今日では古着屋さんで見かける袖になりました。

街には複数枚のパーツで構成されたラグランスリーブが多く見受けられます。それらは洗練された佇まいで都会的な印象をもたらします。しかし、私は「ラグランスリーブは1枚構造であるべきだ。」と考えます。

洋服のアームホールは身体に近いものが一番小さく、身体から離れる毎にだんだんと大きくなっていくものです。重ね着をするわけですから。つまり、コートのアームホールが一番大きくなるわけです。大きなアームホールというのは実はなかなか難しいものでして、腕の可動域やそのボリューム、その他多くのバランスを取る作業を要すのです。

ST Wax Balmacaan Coat + Rugged Chino Work Pants

その点、1枚袖のラグランスリーブはアームホールが深くても腕が動かしやすく、加えて身頃にボリュームがあれば見た目のマッチングも最高の袖だと思っています。
一見、野暮に見えがちではありますが、これが醸し出す「男くささ」は他の追従を許さない迫力があります。

機能的観点からしても最高のデザインだといえるのではないでしょうか。
古着達が、そう物語っているのです。

ST Wax Balmacaan Coat

かつて手榴弾を取り付けたDカンには何を吊り下げましょうか。


  • 多少の寸法差、および個体差が発生しますが、全て検品済みで許容範囲での変動であることをご了承ください。
  • HPに掲載されている写真はサンプル時点のものです。予告なく、多少の修正が入る場合がございます。
  • お使いのモニター環境によって、色の再現性が異なる場合がございます。