Boiler Suit

ノーカラーからのラグランスリーブは「一枚袖」を選択したい。

Boiler Suit + Guide Vest

もっと言うと、本流を意識するならば「ラグランは一枚で構築されるべき。」だと私は思っています。

ラグランも現在では、一枚袖、二枚袖、三枚袖、、、というように構成パーツが多くなってきています。パーツが多いほど、袖は構築的になります。よって、パーツ枚数が多いほど、都会的で洗練された洋服の佇まいになる。というのが私見です。

一方で、一枚袖ラグランというのは古着などの「歴史的な洋服」に見られるディテールで、野暮かもしれません。しかし、それが醸し出す迫力には、他の追従を許さない「男くささ」があるのも事実です。

一枚袖ラグランはアームホールが深くても動作がし易いことから、主にコートなどのアウター類に使われてきた「機能袖」です。そう捉えると「つなぎ」は作業着ですから、それら機能的観点からしても一枚袖ラグランは最適なデザインだといえるのではないでしょうか。

Boiler Suit + Guide Vest

コットンナイロンを超高密度に織りました。
強度を出すことは勿論ですが、生地表面を限りなくフラットに仕上げることで、現代的な雰囲気にすることを目的としました。また、時折り覗くナイロンの微細な光沢も軽やかな印象を与えます。

先にお伝えしました「ラグラン袖」に加え、立体的な「バナナシルエットパンツ」など、Boiler Suitには相当なボリュームを搭載しています。それ故、パターンの形状は重々しくクラシックになりますが、肝心のBoiler Suitはそれどころか、風を受けて軽やかにさえ見えます。

この相反する要素の融合は、素材がもたらした恩恵なのでしょう。
これもまた、我々が志す「HeavyDutyと現代との接点」のひとつの形と言えるのではないでしょうか。

フィールドの風をこの素材は拾ってくれます。

風によってフォルムが美しく表現された瞬間、シャッターを切りました。


  • 多少の寸法差および個体差がありますが、全て検査済みで許容範囲内での変動となります。
  • お使いのPC環境によって、色の再現性が異なる場合がございます。